男の人と女の人

大規模修繕工事で最新のスプリンクラーと取り替える

業務用を選ぼう

男女

多くの人が出入りするようなお店やオフィスでは、一般家庭で使われているようなタイプのエアコンは不向きとされています。ですから、そういったところでは業務用エアコンを選ぶのです。

詳細

ダメージを少なくする

ビル

火は一瞬にして燃え広がります。ですから、出来るだけ早い段階で火消しを行なうことが重要となります。そこで、自動で火災を察知して水を放出してくれるスプリンクラーはとても優れたアイテムといえます。

詳細

仕組みを知る

ヘルメット

スプリンクラーといえば園芸用をイメージする人も多くいるでしょう。しかし、火災現場で活躍してくれるスプリンクラーというのもあるのです。火災用のスプリンクラーの設置は法律で義務付けられています。

詳細

防災意識を高く持とう

建築物

補助金が受けられる可能性も

東京でもスプリンクラーの設置は建物によっては消防法と照らし合わせて必須となる場合があり、そう言った時もそれらに沿って必要な設備をつけて行くといった方法を取るのが望ましいと言えます。ただしスプリンクラー設備は規模によっては高額と成らざる得ない場合もありますので、良く考えた上で効率のよい形で一括して工事等を行わないと余計に出費することにもなります。またスプリンクラーの設置に関しては補助金が出るケースもありますのでその辺も考慮した方が良く、上手く活用すると負担軽減ばかりか非常に良い設備を取り付けることも可能です。もっともその判断は素人ではやはり難しい部分もあるので実績のある東京の業者に任せると良く、補助金制度も含めて総合的に判断してくれる所を見つける方が楽です。

見積もりでも変わる

スプリンクラーを構成する基本的な構造は天井を這う消火剤の配管とそれを送り込むポンプ施設、そして天井に露出している消火剤を放出する機器となります。もっともこれは一例でありスプリンクラー自体にも幾つかの種類があるので建物の構造、或いはその内部の状態によって選ぶことも出来るようになっているのです。それらを考慮した上での平均額は一般的に五十万円前後であり物によっては三十万円程度、補助金等を考慮するともっと安くなる可能性も考えられます。ただしこれが病院等になって来ると話は別でありより安全性の基準が厳しく成るので、同じ物だとしても五百万円と言った金額が平均となって来ます。どちらにしてもスプリンクラーは火事に対する抑止力となることを考えれば、機能性の方を重視した形で最適な物を選ぶべきです。また、最近ではとても優れた機能を持っているスプリンクラーもありますので、大規模修繕工事をする際に新しいものに替えるというケースもあります。また、大規模修繕工事で万が一の災害に対応しているような作りの内装にすることも可能です。