男女の作業員

大規模修繕工事で最新のスプリンクラーと取り替える

仕組みを知る

ヘルメット

スプリンクラーとはどのような機器なのか

スプリンクラーとは、いわゆる散水機であります。水に圧を加えることで、広範囲に散水させるシステムです。現在では、いろいろなところにスプリンクラーが設置されています。良く知られているものには、ビルなどに設置されている消火用のスプリンクラーがあります。火災発生時には、自動的に可動し始め、初期消火に効果を発揮します。また、灌漑目的で農地などに設置されるスプリンクラーもあります。広大な農地などでは、人力での散水は不可能なため、幾つか設置させることで、それを可能にしています。以外にも工事現場での粉じんの拡散防止や、運動場や広場などの乾燥による防塵や、夏場における冷却目的で設置されるケースもあります。最近では、住宅用のスプリンクラーも開発されています。価格は、システムによって異なります。

家庭での火災に対する心構え

住宅用のスプリンクラーは、火災報知器との連動型や、温度を感知して自動で散水を始めるタイプなどがあります。いずれも水道管との直結型となるため、工事が必要となります。留守中の火災や、就寝中で気づくことが難しい火災発生時にも自動で作動するため、広範囲に類焼することを防ぐ効果があります。また、火の勢いをある程度抑える効果もあるため、避難する時間を確保することも可能となり、設置を検討する家庭が増えてきています。火災は、時間の経過とともに類焼する怖さがあります。初期消火がとても重要となり、生命にも危険が及びます。そのため、日ごろから火災発生時に対しての心構えが大切です。スプリンクラー以外にも、火災報知機の設置や消火器の設置などをおすすめいたします。