男女の作業員

大規模修繕工事で最新のスプリンクラーと取り替える

ダメージを少なくする

ビル

防火設備の準備に必要な料金について

火災が発生した時のダメージは大きい場合が多いと言われています。なぜなら火災は発生源だけでなく周囲に延焼が生じるリスクがあるからです。住居やオフィスに延焼が及ぶと被害の補償額が高まります。それを避けるためには防火設備を用意する対策が一般的です。スプリンクラーの設備は防火対策においてメジャーな部類に属します。天井に設置する事で能力を発揮できるため、通常時は邪魔にならないというメリットもあります。ただし機器を購入するだけでは設置が難しいのが現状です。水道管や周囲に電気設備を設ける必要があるため、専門の業者に頼む手法が確実と言えます。スプリンクラー本体の購入費と業者の工事費を加算すると、数百万円の出費を求められる事も少なくありません。

スプリンクラーの特徴について

スプリンクラーの得意としている事は災害発生直後の鎮火です。消火において最も優れている能力を発揮するのは、技術を身につけた消防団だと言えます。しかしながら到着までに時間を要するため、延焼に至らないとは限りません。よってスプリンクラーの起動が最も期待されるのです。スプリンクラーの設備はショックを与える事によって起動しますが、最近では火災検知器と連動するタイプが増えています。つまり本当に火災が発生した場合にしか動作しないのです。それは人為的なミスによる誤動作のリスクが低くなっている事を意味します。それは従来のスプリンクラーにおける改善点と指摘され続けた事です。以上のようにスプリンクラー設備は常に進化を続けています。